読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【どうしてヒッチハイクするの?】友達からきた質問に答えてみた

 

 

yuihskw.hatenablog.com

 

 

この記事を公開して7時間後。

数年連絡を取っていなかった友達から突然メッセージが届いた。

Facebookってすごい。

 

近状はお互い知らなかったので、それとなりに話して、

ヒッチハイクについての質問をされたので

またブログに書くから待っててといって10日間が過ぎてしまった、。ごめんね

 

そんなわけで、今日はQ&A方式で書いてみようと思います。

 

 

 

 

Q.始めたきっかけは?

TABIPPOで出会った人に刺激を受けたから。

"出会う人で人生は変わる"というのは身をもって感じた。

社員さんが、メンバーが。集まる人みんな魅力的。

世界一周してる人が集まって会社をしてるって単純に面白い。

キラキラしてる人の周りには魅力的な人がどんどん集うんだなと思った。

 

周りにこれだけヒッチハイクを成功させてる人がいるから、

自分にもできるだろうと変な自信を持っていたからでもある。

やっぱり環境って面白い。

 

 

Q.危険な体験したことないの?

全く、一度もない。

ヒッチハイカー(ヒッチハイクをする人)を乗せる人に直接

なんで乗せてくれたのかを聞いているので、

大阪→福岡で今までにお世話になった人のご意見を集めてみた。

 

・1人でずっと寒そうにしてるの可哀想だったから(11月の朝7時はまじで寒い)

・面白い子がいるなと思ったから

・ヒッチハイクをしてる人はテレビでしか見たことなくて

 現実に存在してたんだと嬉しくなったから

・前にヒッチハイクをしている子をスルーしてしまったから

・長距離を運転してると眠気がすごいから話相手が欲しかった

・若い頃したかったことをやってる子がいたから

・人が多いところで恥ずかしいだろうに、

 ニコニコしてて話を聞いてみたかったから

 

みなさんあったかいな…(;_;)

日本の方だけでなく、中国の方も乗せてくれました。

男性の方が率は高め。年齢は平均すると35歳くらい。

 

危険ではないけど本気でビビった、といえば

がっつりオールバックでサングラスをかけた方

5人に後ろから話かけられたことかな。

 

f:id:yuihskw:20161129230923p:plain

「俺らも若い頃は色々遊んだな〜例えば、×××」

ブログには載せれないことを色々教えてくれた。

 

なぜか気に入られ、

「なんかあったら連絡してき。

大抵のことはなんとでもできるから」

と言われて渡された電話番号の紙切れは

今でも勉強机の奥底で眠っている。

電話をかけずに済む人生を送りたい。

 

 

 

 

Q.結局のところ、お金ないからやってるの?

 

お金がなくてヒッチハイクを選択したことは今の所ない。

それよりも、普段ただ生活してるだけでは絶対に出会えないであろう

人に出会いたいからやってる。

 

家族で乗せてくれた人は今度家にお邪魔することも決まってる。

その時は乗っていなかった息子さんに私の話をしたら

どうしても会いたい!と言ってくれたらしく連絡をくれた。

 

人との繋がりが気薄になるこの時代で

この繋がりがあったかくて、田舎に住んでた頃を思い出すから

心地いいんだと思う。

 

 

 

Q.親とか彼氏は心配しないの?

 私に言わないだけでめっちゃ心配してくれてると思う。

 

お母さんは私の突然の思いつきを止めたことは一度もない

「まあ、やってみたら。」

と経験させてくれる。

 

お父さんは恥ずかしいのかなんなのかわからないが

お母さんを通して電話の要求をしてくる。

「お父さんに連絡してみたら?」

がいつもの言葉だ。

 

彼氏(福岡在住)はいつも突然現れる私に

ちょっとだけ驚いて、

「よく来たね。」と一言で迎えてくれる。

(友達と彼氏の家にヒッチで突撃訪問した話もまた書こうかな)

 

友達には「唯がどこにいたってあんま驚かんくなったわ。

次はどんな楽しいこと考えてるん?」と聞いてくれる。

 

周りに恵まれすぎて怖いけど、

みんなのおかげでこんな自由な私でおれるんやなあ。

うん。大事にします。

 

 

f:id:yuihskw:20161129234324p:plain

 

おわりに

数年ぶりに連絡をとれたこの質問をくれた友達と

今度ヒッチハイクをすることが決まった。

いつまでヒッチハイクするのかはわからないし、

ある日突然ぱたっと辞めてしまうかもしれない。

心がワクワクする方に流されていくんだと思う。

 

次は、どこにいこう。