読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【旅行】24時間で城崎温泉を楽しめるのか試してみた

 

 

f:id:yuihskw:20161120014446j:plain

 

「温泉入りたい!」 

東京の慣れない生活で頑張っている妹と

もうすぐ店長になる中学生の同級生と

弾丸城崎温泉旅行が決定した。

 

 

f:id:yuihskw:20161119223753j:plain

f:id:yuihskw:20161119223738j:plain

 

 

そんなわけで24時間で城崎温泉に行ってみた!

にしても本当に計画なしでどっか行くの好きやな私…

妹も速攻夜行乗って帰ってきたので、

やっぱり血は争えない。

 

 

運転できるのは私のみ!

温泉後の眠気に勝てるのか!!

( 温泉上がりにビール飲みたい!!!!)

 

 

レンタカーで11時スタート

到着したのは15時!

 

城崎温泉街

 

若干雨降ってる…

 

 

f:id:yuihskw:20161119224018j:plain

 

いい匂いが漂ってきて

吸い込まれるようにお店へ。

 

 

手造りおかき げんぶ堂

 

手造りおかき、生おかきゴマ味

生おかきは店員さんが温めてくれるので、

ふわふわもちもちでめっちゃおいしい。

 

f:id:yuihskw:20161119225007j:plain

 

 

城崎ビネガー

 

 

温泉上がりに最高の一杯(ビール飲めない代わりに)

店員さんがこれでもかと試飲させてくれます。

 

 

 

f:id:yuihskw:20161119224602j:plain

f:id:yuihskw:20161119224615j:plain

 

 

泉源

 

 

f:id:yuihskw:20161120000144j:plain

 

横には温泉たまごを作れる場所が!

好きな半熟で食べれるみたい。

二人がわざわざ卵食べんでも…といったので

今回は断念。

せっかくの旅行やのになあ。笑

 

f:id:yuihskw:20161119224646j:plain

 

 

温泉街には神社もあります。

さくっとお参り。

 

f:id:yuihskw:20161119224726j:plain

 

 

さあ、温泉入ろう!

 

城崎名物といえば「外湯めぐり」

外湯めぐり発祥の地と申してもよいでしょう。
遥か昔から城崎の人々は宿を客間、

道を廊下とし湯治に訪れた人々を町全体でもてなしました。
この精神は今でも変わらず息づいています。
宿についたら浴衣に着がえ
ゲタを鳴らしてお気軽にお出かけください。

 

宿によって浴衣が違うので、

宿泊の際は浴衣の柄で宿を選んでも面白いと思います! 

 

【ゆめぱ】

1日ぐるっと、入り放題。
城崎温泉外湯めぐり券
料金/大人1,200円、小人600円
各外湯の窓口にて販売

 

1つの温泉の料金が600〜800円するので、2つ入れば元が取れます。

マストで購入しておきましょう!

 

 

御所の湯

 

まずは、御所の湯!

美人の湯と呼ばれています。

ここのミストサウナ、気持ちいい!

ゆっくりと体を温めてくれるので、寒い日の夜は特におすすめ。

 

f:id:yuihskw:20161120002100p:plain

 

こうの湯

 

続いて、こうの湯!

こうのとりが足の傷を癒していたことから発見された温泉。

この建物、離れてみるとコウノトリが

羽を休めている姿に見えるらしい。

緑の中にある露天風呂が最高!

 

f:id:yuihskw:20161119224702j:plain

 

 

飲湯場

 

ちょっと寄り道、温泉が飲める「飲湯場」

しょっぱい+ちょっととろみがある。

 

f:id:yuihskw:20161119224756j:plain

 

 

だんだんあたりも暗くなっていい雰囲気〜

 

f:id:yuihskw:20161119224830j:plain

f:id:yuihskw:20161119224843j:plain

 

 

柳湯

続いて、柳湯!

子授けの湯と呼ばれています。

他の湯と比べても熱いので、体の芯から温まる〜

 

f:id:yuihskw:20161119224906j:plain

 

 

地蔵湯

 

最後は地蔵湯!!

お地蔵さんの足元から湧き出たといわれており、

「衆生救いの湯」と呼ばれています。

ご利益ありそう。

 

f:id:yuihskw:20161120004325p:plain

 

 

水曜日だったこともあり、

残り2つのまんだら湯と一の湯は定休日

 

もう1つのさとの湯は

のぼせたのとお腹すいたのでここで温泉終了!

 

 

旅行といえば、美味しいご飯!

 

観光地でどんどんお店がしまっていく。

宿に泊まる方は戻る時間帯なのかな?

車内泊な私たちには関係ない!

ささっとお店を決めて、海鮮丼を注文!

 

 

f:id:yuihskw:20161119224922j:plain

 

はい。最高。

新鮮でぷりっぷりのお刺身をいただきました!

 

 

てらたに酒場

 

閉店時間ギリギリで入った酒屋さん。

明日の為にSAで寝ようと決まったのでビールを購入!

「賞味期限もうすぐだから〜」

とおまけで1人1本ずつハーブビールくださった!

 

 

f:id:yuihskw:20161119233922j:plain

 

城崎温泉に別れをつげ、SAまで運転。

 

f:id:yuihskw:20161119224934j:plain

 

 独特なお味でした!

普通のビールを予想してたので、意表を突かれました。

まだまだ舌が子供なようです。

大人になればこれも美味しく感じるのかな?

 

 

まとめ

 

城崎温泉は24時間で充分楽しめる!!

街並みもよく、

浴衣を着ている人達の下駄の音にも癒されます。

日帰りも運転手さんが頑張れば行けます。

次は宿を取ってゆっくり来よう〜!

 

 

金額:レンタカー 12000円(4000円/人)

   高速代     7000円(2300円/人)

   ゆめぱ        1200円

           海鮮丼     1000円

   ビール        450円

   城崎ビネガー  300円

   合計       9250円